ブログ

季節の展示

【更新・修正日】202211月6日

ー11月ー

月に一度程度、展示コーナーを変えています。本選びの参考に活用ください。

貸出や予約ができます。

一般向け

読書の秋・食欲の秋

秋といえば、何を思い浮かべるでしょうか?

11月は、給食月間です。給食やおいしい料理が出てくる本を展示しています。

一般向け

お祭りと神楽の本

本年も、多くの地区で、神楽が中止になっています。本を開くと、今にも、神楽の音が聞こえてきそうです。

えほん(子ども向け)

むかし話のえほん

もう一度、むかし話を読んでみてはいかかでしょう?

図書館ブログ

図書館からのお知らせや裏側を、お伝えしていきます。

【ブログ】秋らんまん

投稿日】2022年1117

文化センターの紅葉が見ごろです!

文化センターにある、モミジの木々も、紅葉が進み、深まる秋を感じています。

 色づきも程よく、文化センターの紅葉が見ごろを迎えています。

矢掛町立図書館では、11月を読書月間として、様々なイベントを開催しています。

 紅葉を見に来られた際は、図書館にもお立ち寄りいただき、読書も楽しんでくださると嬉しいです♪

【ブログ】やかげこどもフェスティバル、パネル展示中!

【投稿日】2022年11月10日

中学生のスタッフのみなさん、おつかれさまでした!!

9月3日(土)に、「やかげこどもフェステイバル~あつまれ矢掛の子供たち~」が開催されました。この事業は、「地域子ども活躍事業」として、矢掛町教委・公民館連絡協議会が、コロナ禍の中で、子どもたち(中学生)の活躍の場のとして、企画し、中学生実行委員を募集しました。

 子どもたちは、何をするかも決まっていない、ゼロの状態から、何度も話し合い(会議)を行いました。やることが決まると、よりよいイベントにしようと、知恵を出し合い、当日に向け、準備を重ねていました。

図書館では、イベントの一環で、スノードームづくり(申し込み必要)を行いました。

  イベント当日、お昼休みに、会場を覗いてみました♪

 楽しそうにゲームをしたり、食べ物を購入したりしている来場者がたくさんいました。

また、ゲームコーナーでは、中学生スタッフが主体的に動いたり、来場者のこどものサポートをしたりしていたのが印象的でした。

 

限られた準備期間の中でのイベントの企画運営は、「苦しみ」や「焦り」や「もどかしさ」を感じたと思います。終わった後は、「達成感」や「楽しさ」などを感じるとともに、貴重な体験になったのではないでしょうか?

11月13日(日)まで、文化センター西側入り口を入った北側に、当日を迎えるまでの様子が展示してあります。

各公民館の講座受講生の力作も展示もしておりますので、お近くに寄られた際は、ぜひご覧ください♪

パネル展示中!

参考:広報やかげ2022/10

【所蔵資料紹介】 新作!布絵本

【投稿日】2022年11月2日

布絵本を知っていますか?

布絵本(布の絵本・さわる絵本)とは…

布などを用いて作られた絵本で、触って絵の形が分かるようになっています。ボタンをとめたり、ひもを通す仕掛けがあったり、楽しみながら読むことができます。

 矢掛町立図書館では、布絵本製作グループ「グループもぐら」のみなさんが、様々な布絵本やおもちゃを製作してくださっています。

司書も新作ができると、布絵本のあたたかみや精巧さを感じています。利用者の方よりも先に、出来上がったばかりの布絵本楽しませてもらっています。

 布絵本は、「読み聞かせ会」や「出前講座」、「保育園来館時の読み聞かせ」などで活用しています。どの催しでも、好評を得ています。

※貸出はできません。館内でお楽しみください。

※幼児コーナーほか、託児室内にもあります。託児室内の布絵本も、ご覧いただけますので、お気軽にお声がけください。

打合せの様子

新作!

絵本コーナー中央に設置

おもちゃに興味深々

参考:『誰もが読書をできる社会を目指して~読書のカタチを選べる「読書バリアフリー法」~』(啓発用リーフレット)

【館内の風景】 ハロウィン!!

投稿日】2022年10月28日

TRICK OR TREET

 検温器の奥で、手作りのジャックオーランタンが、来館者の皆様をお出迎えしているのに、お気づきでしょうか??

 検温や消毒にご協力いただいているのを、きちんと見ています♪

このジャックオーランタンは、定例イベント「えいごであそぼう」で制作したものです。

 乳幼児向けに、毎月第2土曜日(先生の都合により変更になることもありますので、イベント案内等をご確認ください)に行っています。※過去の様子は、過去のイベントをごらんください。

 

 次回の「えいごであそぼう」は、11月12日(土)10:30~です。

「えいごであそぼう」へのご参加も、お待ちしています!!

追悼】山脇百合子さん

投稿日】2022年10月20日【修正日】2022年11月2日

『ぐりとぐら』などで知られる画家で絵本作家の山脇百合子さんが9月29日に死去していたことを、福音館書店が10月初旬に発表し、話題になりました。

 

「ぐりとぐら」は、1963年刊行の『こどものとも』に1作目が掲載・出版されました。

その後も世代を超えて、誰もが一度は夢中になったことのあるシリーズといっても、過言ではないでしょう。

「ぐり」と「ぐら」の好奇心旺盛な行動や、おいしそうな食べ物など、いろいろな場面が浮かんできます。

 

 かつて(現在も)、夢中になった『ぐりとぐら』の世界へ、再び、入り込んでみてはいかかでしょう??


参考:福音館書店公式Twitter

   MOE 2021/7

ブログ】文化センターイベントによる臨時休館

【公開日】2022年10月13日

文化センターイベントスタッフ業務

10月10日(月・祝)は、『よしもとお笑いライブin矢掛』のため、臨時休館させていただきました。ご迷惑をおかけいたしましたが、ご理解・ご協力ありがとうございました。

図書館職員も、イベントスタッフとして、会場案内やチケットもぎりや検温など、担当しました。

矢掛町立図書館は、教育委員会管轄で、文化センター内施設のため、以前からイベント時には、スタッフ業務を兼務することが多いです。

そのため、文化センターで行われるコンサート等に来られた際に、イベントスタッフの名札をかけた司書を見た方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

『よしもとお笑いライブin矢掛』は、種々の新型コロナウイルス感染症対策を講じて、開催することができました。

図書館行事も、各種イベントも、コロナウイルス対策のことを考えずに、イベントができる日が早く来るといいな~…と思いました。

ですが、昔のイベントの開催形態を懐かしむのではなく、今できる対策を最大限にとり、皆様に安心してご参加していただけるイベントの開催を模索していくことが大切だと、改めて感じました。

【メディア出演情報】矢掛を射る「ぷ~さんのかんたん手話コーナー」

【公開日】2022年9月28日

10月放送は矢掛町立図書館で撮影

 撮影中に図書館内にいた方や、ご来館された方には、ご迷惑をおかけいたしました。

今月の『矢掛を射る』の名物コーナー「かんたん手話コーナー」では、「読書バリアフリー法」を取り上げていただきました。

読書バリアフリー法(正式名称:視覚障害者等の読書環境整備の推進に関する法律)とは、令和元年に制定されました。

この法律は、『すべての国民が等しく読書を通じて文字・活字文化の恵沢を享受することができる社会の実現に寄与する』ことを目的としています。

そのため、読書バリアフリー法は、視覚障害に関わらず、読書に困難を抱えるすべての人を対象としています。

国の法整備化を受け、令和4年に、『岡山県視覚障害者等の読書環境の整備の推進に関する計画』を策定しました。

 

今回は時間の都合上、撮影できませんでしたが、布絵本も読書バリアフリーの一つとして位置づけられます。

放送は、10月3日(月)、4日(火)、5日(水)、9日(日)です。

今月は、どんなストーリになっているのか楽しみですね♪

参考:『読書のバリアフリーQ&A』文字・活字文化推進機構

『点字図書館等におけるアクセシブルな書籍の提供体制及び制作状況に関する調査研究事業報告書』全国視覚障害者情報提供施設協会

 HP:「岡山県視覚障害者等の読書環境の整備の推進に関する計画」(読書バリアフリー計画)の策定について 

【ブログ】念願の「レシートプリンター」を導入

【公開日】2022年9月22日【修正】2022年9月29

現在、借りられている本が分かるようになりました!

 7月1日より、現在借りられている本と返却期限や延長の有無などが分かる、レシートプリンターの導入・運用を始めました!!

運用当初から、「借りている本の書名が分かるのが助かる☆」など、多くの方にご好評をいただいており、導入してよかったと感じています。

『何を借りていますか?』『この本、借りたことありますか?』などと聞かれることが多くありましたが、返却すると、貸出データが消えるシステムを(多くの図書館が)採用しています。

 

※レシートでも、過去の読書履歴は残りません。

そのため、レシートを読書記録としても活用したい方は、カウンターにある、台紙の活用もオススメです!

 また、レシートプリンター導入に伴い、従来は返却日の裏にあった2か月分の休館カレンダーは、原則お配りしていません。
必要な方は、カウンターにある、図書館カレンダーをお持ち帰りください。

過去に借りた本の記録に活用ください

表示の一例

2か月カレンダーをご用意しています

【館内の風景】コミック

【公開日】2022年9月15日

書庫にしまっていたコミックの一部を館内へ移動!!

 配置場所の都合などで一部のコミックを書庫内へしまっていましたが、利用者の皆様の利用促進を考え、一部、館内へ移動しました。

 ※原則、コミックのリクエストは受け付けておりませんので、ご了承ください。

 昔懐かしい、名作コミックをもう一度、読んでみてはいかがでしょうか?

コミックは、カウンター周辺(増設)、児童書新刊棚の中、社会派ミステリーの下の棚、AVコーナー付近に、あります。

書庫の本も従来通り、借りていただけます。

増設したコミックコーナー


開けるとコミックがある


児童新刊コーナーの開け方

棚の下を上に持ち上げ、垂直に押す。

【お願い】台風接近時には無理な外出は避けてください

【公開日】2022年98


 先日の台風11号(ヒンナムノー)は、矢掛町に大きな被害を出すことなく通過し、ほっとしています。

さて、台風の発生が多いのは、8・9月と、統計的に言われています(日本気象協会(tenki.jp)より)。

暴風・大雨など、外出が難しいときは、返却日が近づいていても、無理せず、自宅待機などをしてください。

身の安全が第一です。

岡山県及び矢掛町にも、被害が予想されるときは、安全を考え、図書館を臨時休館させていただくこともありますので、ご理解ください。

自治体の情報や、気象庁などの信頼のおける情報に従って行動してください。


【ブログ】ウィンドウアート

【公開日】2022年9月1日【修正】2022年9月28日

9月は世界アルツハイマー月間

「国際アルツハイマー病協会」(ADI)は、世界保健機関(WHO)と共同で毎年9月21日を、世界アルツハイマーデーと制定し、この日を中心に認知症の啓蒙を実施しています。(厚生労働省ホームページより)

矢掛町では、イラストレーターのマミコさんへ、『認知症があってもなくても同じ社会でともに生きる』をテーマに、ウィンドウアートの製作を依頼しました。

文化センター西側(役場側)入り口横の郵便局に面した窓に、3m×2mほどのサイズで描かれています。10月2日(日)まで、展示予定です。

マミコさんは、7月~8月の酷暑の中、キットパスという画材を用いて、制作をされていました。『どんな絵が出来上がるんだろう?』とワクワクしながら、制作風景を見ていました。

図書館では、9月の特集展示は、認知症を取り上げています。

また、認知症に関わるニュース(国内、国外)を中心内容とした、認知症の人と家族の会の会報『ぽ~れぽ~れ』もあります。

認知症サポーターの研修を受けた職員もおります。(認知症サポーターについてはこちらをごらんください。

矢掛町の取組や認知症についての困り事については、福祉介護課内にある地域包括支援センター(0866-82-1026)へご相談ください。



製作中の様子

ウインドウアート

9月の特集展示

【お願い】町内の小学生及び保護者の方へご確認 

【公開日】2022年8月26日

ブックル貸出が再開します!貸出冊数にご注意ください。

長かったような短かったような夏休みが、終わりました。

楽しい夏休みでしたか??

ぜひ、夏休みの思い出を聞かせてください♪

図書館でも、毎日、たくさんの子どもや家族連れが来館し、賑わいました。

さて、8月30日(火)より、(学校により日程が変わります)ブックル貸出が再開します。

夏休み中に図書館で10冊借りて下さっているお子様は、ブックルを借りることができません。そのため、8月30日(火)までに、お子様のカードの貸出冊数を9冊以下にしてください。(返却ポストでの返却も可能です)


【ブログ】ダンボールアート

公開日】2022年816

ダンボールの可能性

図書館から車で3分ほどの場所にある、やかげ郷土美術館で開催中の『本濃研太 ダンボール彫刻展~僕たち動物たち』を観覧してきました。

 第一展示室は、サファリパークにやってきたようで、躍動的な動物たちを見ることができました。

 第二展示室は、神々の世界…インカ・マヤ帝国に迷い込んだかのようでした。

どちらの展示室も、ダンボールの特性を生かしてあり、ダンボールで作られたとは思えない作品たちばかりでした。

溜まりやすいダンボールは、資源ごみに出すためくくるのも大変ですよね。

しかし、使い方次第で、いろんな楽しみ方ができる、すぐれものだと感じました。

 図書館でも、ダンボールを使った工作の本をいくつか所蔵しています。

おうち時間の充実だったり、夏休みの宿題だったり…

目的は様々ですが、大人も子どもも、『何かを作り上げる』夏は、有意義ですよね。

『本濃研太~僕たち動物たち』の詳細は、やかげ郷土美術館(電話:0866-82-2110)へお問い合わせください。

『本濃研太~僕たち動物たち』は、9月4日(日)まで、開催中です!!

【ブログ】夏休みの宿題

更新日】2022年7月28

宿題のヒントを探しにお越しください

 夏休みが始まって、1週間ほど経ちました。

さて、夏休みの宿題は、進んでいますか??

図書館では、過去の課題・指定図書に選定された本や、自由研究や工作に役立つ本を集めたコーナーを、作っています。

読書感想文や自由研究や工作の題材にお悩みの方は、参考にしてみては、いかがでしょうか。

残りの夏休みを楽しく過ごすために、宿題をがんばりましょう!!


【ブログ】夏休みの行事のお知らせ

公開日】2022年7月20

図書館で楽しむ夏休み

 例年、図書館フェスティバルを開催していましたが、今年も、新型コロナウイルス感染症対策を鑑み、開催を見送らせていただきます。

 多くの子どもたちに楽しんでいただくべく、単発でのイベント多数をご用意しています!!

子どもたちが気軽に参加できるのが、クロスワードです。

 図書館で本を借ると、クロスワードのそれぞれの問題を渡します(1日につき1つまで)。

小学生の方は6回、未就学児の方は2回、

本を借りていただくと、クロスワードが完成します。

 図書館で、楽しい夏休みを過ごしてみませんか??

 映画上映会では、『羊と鋼の森』を上映します。子どもから大人まで楽しめる内容です(整理券が必要です)。

【ブログ】町内の小学生及び保護者の方へご確認

公開日】2022年7月14日

ブックルで借りた本を返却しましたか?

  図書館から派遣している司書の先生を通して、矢掛町立図書館の本(ブックル)を借りていると思います。

ブックルの本には、本の背に赤い丸シールが貼ってあります。

(図書館の本を予約したり、リクエストしたりした本には、赤いシールが貼っていないといった例外あり)


※学校の図書室の本とは違うので、ご注意ください。

図書館と図書室の本は、バーコードや背ラベルが違うので、迷った時の参考にしてください。

1学期のブックルの貸出や返却は終了しました。

未返却のお子様には、学校司書より、個別にお伝えしています。

最終返却に間に合わなかった場合は、

図書館へ直接の返却(返却ポストを含む)をお願いします。

返却ポストが分からない方はこちらをご覧ください。


最終貸出後に、

ブックルで予約した本の順番が回ってきたお子様にも、

夏休み中に図書館で借りるかどうか、確認をしています。

すっきりした状態で、夏休みを楽しみましょう!!

ブックルの目印になる赤い丸シール

本の背(背ラベル)の違い

バーコードの違い

【ブログ】絵本の選書サービスを始めました

公開日】2022年78

絵本えらびのお手伝いをします!

  子どもや孫に、『どんな本を選んだり、読んだりしたらいいか、わからない…』という、お悩みを抱えていませんか?


 絵本選びに困っている方々の負担を減らしたり、いつも同じような本を選んでしまうという方には新たなジャンルの絵本を提供したりできる方法を考え、『絵本の選書サービス』をはじめました!

 申し込みは、図書館にあるリクエスト用紙もしくはお電話で受け付けています。選んでほしいテーマをお書き(お伝え)ください。準備ができましたら、ご連絡をさせていただきます。(準備に数日かかりますので、ご了承ください。)お気軽に、お申込みください。

 これまでも、絵本選びの相談に乗っていました。しかし、相談を受けた場でいい本が思い浮かばなかったり、バタバタしていて親身に選ぶことが難しかったりしたことも、しばしばありました…。

 

このサービスをきっかけに多くの子どもたちに、本や図書館が身近な存在になってくれたら嬉しいです。

記入例です

予約・コピーサービス申込用紙の近くにあります

用紙設置場所

【ブログ】災害特集コーナーを活用ください

公開日】2022年6月17

梅雨の対策はできていますか?

 6月14日頃に気象庁より、中国地方の梅雨入りが発表されました。

近年は、雨が降り始めると、ゲリラ豪雨になったり、雷雨を伴ったりするなど、災害級の雨になることが増えたように思います。また、文化センター及び図書館で、雨漏りが発生することが増え、雨の脅威を身近に感じるようになりました。

 さて、図書館では、ブラウジングコーナーの近く(図書除菌機の裏)に、災害特集コーナーを設けています。

梅雨に入ったばかりの今、対策を見直してみませんか?

コーナーの様子です

このシールが目印です

【ブログ】イベント終了にあたり

公開日】2022年6月2日

子ども読書週間に、ご参加くださり、ありがとうございました!!

4月19日(火)~5月15日(日)は、矢掛町立図書館 子ども読書週間でした。
期間中は、様々な行事を行いました。
コロナウイルス感染拡大による行事の開催を心配しましたが、すべての行事を、無事に終わらせることができ、胸をなでおろしています。

行事には、たくさんの子どもたち(保護者同伴も含む)が参加してくれました!
『リメイク工作』や『たまて箱さんのえほんとなかよし』などでは、真剣に、キラキラとした目で、製作に励んでい姿をほほえましく感じました。

図書館でも、たくさん本を借りてくれました(5冊以上借りていただくとスタンプを一つ押すことができます)。
ささやかな景品と引き換えた(4つ以上のスタンプで可能)子どもたちの『おすすめ本』の紹介を読みました。紹介してくれた本を、読みたくなりました。

今後も、皆様に、よろこんでいただける、行事をしていきたいと思います!!

やかげ学

【公開日】2022年4月22日頃【修正日】2022年10月21

矢掛高等学校「やかげ学」受入施設です

やかげ学とは…

普通科・総合コースで行われている授業です。矢掛町立図書館では、「やかげ学」創設時より生徒の受入をしています。

「やかげ学」では、町内の13施設でそれぞれ1年間実習を行います。同じ実習先で1年間地域の方々と関わりながら、そこで体験できる社会通念や働く者としての作法を身に付けていきます。実際の仕事を通して、自分自身の適性や未来像を具体的にしていきます。そして、 「やかげ学」で学んできたことを、やかげ文化センターで発表します。

矢掛高等学校 コース・科の紹介より) 矢掛高等学校ホームページ

2022.9ー2023.9実習生 

活動風景

【修正・更新日】2022年1021

貸出練習

小説の帯貼り

読書月間の準備

3年生から2年生へ、引継ぎ①

3年生から2年生へ、引継ぎ②

雑誌リサイクルの準備

電話帳の装備

2021.9ー2022.9実習生 

活動風景

修正・更新日】2022年10月21日

返ってきた本を戻す作業(配架)

ブックコート(ブッカー)かけ

制作物完成!!

矢掛高校を紹介するPR動画の撮撮影で、やかげ学の活動の様子を撮影されました。

インターンシップ・職場体験

2022年8月28日更新

2022.7.26-27 笠岡商業高校

クロスワードの景品づくりをしてもらいました。

配架作業

ブッカーかけに挑戦中

施設見学(小学生)

2022年6月2日更新

文化センター及び矢掛町立図書館の施設見学を、受け入れています。

2022.6

2022.6

2021年更新情報

「わたしの読書アルバム」プレゼント中!

図書館オリジナルミニノート「わたしの読書アルバム」をプレゼントしております。

※無くなり次第終了となります。

詳しくは、図書館カウンターまでお気軽にお問い合わせください。